咳止めシロップの市場規模、2027年に61億8,025万米ドル到達見込み

咳止めシロップの市場規模は、2019年に52億3,273万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて2.8%のCAGRを記録し、2027年には61億8,025万米ドルに達すると予測されています。

咳止めシロップは、上気道感染症(URTI)にかかったときに起こる咳の治療に使われます。さらに、咳は喘息や肺疾患などの他の疾患の症状である場合もあります。咳止めシロップは、乾いた咳用と胸の咳用に分けられます。咳止めシロップの効果については賛否両論ありますが、効いたと感じる人もいますし、それなりに安全な薬でもあります。咳止めシロップは、甘い薬用の液体で、咳を和らげるために使われます。6歳以下の子どもには、グリセリン、ハチミツ、レモンなどを混ぜた簡単な咳止め薬か、処方された咳止めシロップのみを与えるようにしましょう。

咳止めシロップは、くしゃみ、風邪、鼻水、その他の呼吸器系アレルギーなどの患者に対して、医師から処方されたり、市販されています。咳止めシロップの成分には、ウイルスを増殖させる性質があり、科学者によると、COVID-19に感染した人は避けるべきだとされています。科学者たちが発表したCOVID-19の症状に対する「飲んではいけない」薬のリストには、風邪薬、特に咳止めシロップによく使われる市販の咳止め薬、デキストロメトルファンが含まれています。さらに、雑誌「ネイチャー」に掲載された新しい研究論文では、デキストロメトルファンがCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の複製を増加させる可能性があることがわかりました。さらに、このCOVID-19は複製して細胞を乗っ取ることができるため、体調を崩しやすくなります。そのため、研究者たちは、デキストロメトルファンを特に含む咳止めシロップやその他の風邪・インフルエンザ治療薬を使用しないように注意しています。

咳止めシロップ市場の成長は、主に呼吸器系疾患の増加に牽引されています。また、高齢者人口の増加や大気汚染の深刻化も市場の成長を促進しています。しかし、咳止めシロップの誤用や厳しい規制の枠組みが市場の成長を妨げています。逆に、未開拓の新興国における高い市場ポテンシャルは、咳止めシロップ市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

咳止めシロップ市場は、製品タイプ、年齢層、流通チャネル、地域別に分類されています。製品別では、去痰剤、鎮咳剤・抗咳剤、配合剤に分けられています。年齢層別に見ると、咳止めシロップ市場は、小児用と成人用に二分されます。流通経路別では、小売薬局、病院薬局、オンライン薬局に分かれています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]