冷却ファブリック市場、2027年に32億米ドル到達見込み

冷却ファブリックの市場展望 – 2027

冷却ファブリックの市場規模は、2019年に19億米ドル、2020年から2027年にかけて8.6%のCAGRで成長し、2027年には32億米ドルに達すると予測されています。

近年のCOVID-19パンデミックの影響で、スポーツウェアやライフスタイルウェアの販売が減少したため、冷却ファブリック市場は需要が急激に減少しています。

冷却ファブリックは、天然素材と合成素材の両方から作ることができます。冷却ファブリックは、冷たさ、暖かさ、そして肌に近いソフトな感触を提供する革新的な製品です。冷却ファブリックは、汗を蒸発させることで冷却効果を発揮し、生地が体に密着するのを防ぐことで、お客様に利便性を提供します。冷却ファブリックの利点は、水分の循環と蒸発をコントロールすることです。これらの生地は、体温調節のために使用される他の繊維製品とは異なります。

衣服に快適な素材が求められるようになったことで、世界的に冷却ファブリックの需要が高まっています。米国、中国、ブラジル、ロシア、マレーシアなどのスポーツ業界では、冷却ファブリックが急速に成長しています。アメリカ、中国、ブラジル、ロシア、マレーシアなどでは、スポーツ選手の快適なウェアに対する意識が高まっており、競技中の快適性が向上しています。また、多くのスポーツ選手が、より好ましい素材のウェアを好むようになっています。予想される期間において、これらの人々の間での知識の高まりは、引き続き冷却ファブリック市場の主要なドライバーとして作用するでしょう。また、経済成長、ライフスタイルの変化、スポーツ文化の発展に伴い、予測期間中、新興国では冷却ファブリックの需要が急速に増加すると予想されます。しかし、かなりの数の人々が、製品価格の高さを理由にこのような衣類の購入を控えており、これが冷却ファブリック市場の成長を制限しています。

冷却ファブリック市場は、タイプ別、テキスタイルタイプ別、用途別、地域別に分類されています。タイプ別では、市場は合成繊維と天然繊維に分類されます。テキスタイルタイプでは、市場は織物、不織布、ニット、その他に分類されます。用途別では、市場はスポーツアパレル、ライフスタイル、防護服、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

冷却ファブリック市場の主要なメーカーは、Ahlstrom-Munksjö、旭化成株式会社、Burlington、Coolcore LLC、Formosa Taffeta Co., Ltd.、Hexarmor、Nan Ya Plastics Corporation、Nilit、Polartec、Tex-Ray Industrial Co.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]