乳がんリキッドバイオプシーの市場規模、2027年に3億5,705万米ドル到達見込み

乳がんリキッドバイオプシーの市場規模は、2019年には8,764万1,000米ドルとなり、2019年から2027年にかけて19.2%のCAGRを記録し、2027年には3億5,705万1,000米ドルに達すると予測されています。

乳がんリキッドバイオプシーは、血液をサンプルとして利用する非侵襲的な代替技術であり、外科的な組織生検よりも選択されています。乳がんの検出ツールとしては、循環腫瘍細胞(CTC)、細胞外小胞、循環腫瘍DNAなど、さまざまなバイオマーカーがあります。乳がんリキッドバイオプシーは、進行期の乳がんにおける腫瘍細胞の不均一性に基づいて、乳がんの病状の進行をモニターするのに役立ちます。さらに、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の変異を検出することで、臨床医が適切な時期に適切な乳がん治療を選択することをサポートします。

乳がんの有病率の上昇、非侵襲的な乳がん治療への需要の増加、乳がんリキッドバイオプシーにおける技術の進歩、リキッドバイオプシーの研究開発への資金提供、乳がんリキッドバイオプシー試薬の承認の増加などが、乳がんリキッドバイオプシー市場の成長を促進する主な要因です。さらに、乳がん治療に対する患者の意識の高まり、従来の検査に対する乳がん液状生検検査の優位性、液状生検検査の導入の増加、乳がん発見のための事前スクリーニングプログラムの急増、医療従事者の間でのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)や次世代シーケンス(NGS)の入手の容易性と高い導入率、乳がん液状生検試薬キットの需要の急増なども市場の成長に寄与する要因となっています。しかし、リキッドバイオプシー検査に伴う制限や、低開発国における乳がんリキッドバイオプシーへのアクセスや認知度の低さは、市場の成長を妨げる要因になると予想されます。

世界保健機関(WHO)は2020年1月30日、COVID-19のアウトブレイクを国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と宣言しました。COVID-19は世界の約210カ国に影響を及ぼしています。乳がん液体バイオプシーの製造・販売企業は、COVID-19の影響を限定的に受けています。これは、COVID-19の影響を受けた様々な国での操業停止や、COVID-19のパンデミックの影響で医療従事者が病気になるケースが増加し、供給不足につながったためです。

乳がんリキッドバイオプシーの市場区分 

乳がんリキッドバイオプシー市場は、製品・サービス別、循環バイオマーカー別、アプリケーション別、地域別に分類されています。製品・サービス別では、試薬キット、機器、サービスに分類されています。循環バイオマーカー別では、循環腫瘍細胞、細胞外小胞、循環腫瘍DNAに分類されています。アプリケーション別には、診断、予後診断、リスク評価に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]