オーディオDSPの市場規模、2027年に234億3,000万米ドル到達見込み

オーディオDSP市場の展望 – 2027

オーディオDSPの市場規模は、2019年に110億6,000万米ドル、2020年から2027年にかけて9.3%のCAGRを記録し、2027年には234億3,000万米ドルに達すると予測されています。

DSP(Digital Signal Processor)は、特殊なマイクロプロセッサチップです。DSPは、MOS集積回路チップ上に製造されます。DSPは、オーディオ信号処理、通信、デジタル画像処理、レーダー、ソナー、音声認識システム、そして携帯電話、ディスクドライブ、HDTVなどの家庭用電化製品に広く使用されています。

最近のコンピュータにはオーディオハードウェアが搭載されており、オーディオをデジタル情報として記録し、保存したり、後で再生したりすることができます。例えば、ホームシアター製品用のオーディオ・デジタル・サウンド・プロセッサー・ソリューションは、OEMメーカーが製品ライン全体で、高忠実度のハイエンド・システム、機能豊富なローエンド・システム、リアルなサウンドなどの強化された機能を提供することを可能にします。

オーディオDSP市場のシェアは、技術の進歩と発展により、いくつかの大きなチャンスをつかむことが期待されています。プリンター、デジタルカメラ、家電製品、セットトップボックスなどの需要が高まっており、それに伴ってオーディオ信号処理の使用も増加しています。オーディオ・デジタル・サウンド・プロセッサーの用途は、家庭用電化製品に限らず、自動車分野でも広く使われています。特に位置情報サービス業者向けの車両監視装置や車両部品の生産は、オーディオ信号処理の使用を誇張しています。

オーディオDSPの市場分析によると、Apple AirPods Proは、オーディオデジタルシグナルプロセッサを使用して外耳道を測定した後、イヤホンの性能を調整して音質を最適化しています。また、ソニーの360 Reality Audioは、オーディオDSP技術を用いてユーザーの耳をマッピングし、その信号を調整することで、より優れたオーディオ体験を提供しています。

家庭用電化製品へのDSPチップの採用や、ワイヤレス接続やインフラの導入の増加は、市場成長の主な要因となっています。しかし、デバイスにオーディオDSPを使用すると、付加価値が発生し、製品コストが上昇するため、オーディオDSP市場の成長に大きな脅威となることが予想されます。さらに、自動車におけるオーディオ・デジタル・シグナル・プロセッサーの使用の増加、プリンターにおけるオーディオDSPの需要の増加、ビデオ監視におけるIPカメラの急増は、オーディオDSP市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]