オーディオコーデック市場、2027年に141億2,000万米ドル到達見込み

オーディオコーデック市場の展望 – 2027

オーディオコーデックの市場規模は、2019年に114億4,000万米ドル、2020年から2027年にかけて4.1%のCAGRを記録し、2027年には141億2,000万米ドルに達すると予測されています。オーディオコーデック(コーダー/デコーダー)は、オーディオIC(集積回路)の一種で、アナログオーディオをデジタル信号にエンコードし、デジタル信号をアナログに戻すデコードを行います。ADC(Analog-to-Digital Converter)とDAC(Digital-to-Analog Converter)の両方を備えたオーディオデータ変換器です。コーデックはデータ変換器であるだけでなく、オーディオのエンコード、デコード、圧縮、解凍にも使用されます。

オーディオコーデックは、リニアPCM、I2S、AC-Link、I2C、SPIなどのバスを使ってデジタルデータを転送します。オーディオコーデックは、エンターテインメント、ゲーム、コンシューマーエレクトロニクス、自動車などの分野で幅広く利用されています。

オーディオコーデック業界は、エネルギー効率の高いオーディオシステムへの需要が高まっていることから、予測期間中に成長が見込まれています。また、スマートフォンの普及率の上昇も市場の成長を後押ししています。さらに、人工知能を搭載したIoT対応機器の出現は、市場を大きく変えると考えられます。これらの要因により、オーディオコーデック市場は近い将来、急成長を遂げると予想されます。

また、可処分所得の急増や製品の発売数もオーディオコーデック市場の成長を後押ししています。しかし、オーディオSoC(System on a Chip)の登場や、オーディオコーデック機器が健康や環境に及ぼす悪影響に関する意識の高まりは、オーディオコーデック市場の成長を妨げる要因となっています。さらに、車載エンターテイメントの需要の増加、バーチャルリアリティ(VR)技術の急速な発展と採用、世界的なゲーム機の需要の増加は、市場に有利な機会を提供しています。

COVID-19の発生により、2020年のオーディオコーデック市場の成長率は低下しており、2021年末までは成長が鈍化すると予測されます。世界各国で部分的または完全なロックダウンが実施されていることが、この成長率低下の主な理由です。しかし、企業は、各地域の政府が定めた規則や規制を遵守し、顧客にサービスを提供することを約束しています。

セグメント概要

オーディオコーデック市場は、機能、最終用途、地域に基づいて分類されています。機能別では、DSP付きとDSPなしに分類されます。2019年の売上高ではDSPなしのセグメントが市場を支配しており、予測期間中も同様の傾向をたどることが予想されています。エンドユースに基づいて、市場はコンピューター、スマホ、タブレット、オーバーイヤーヘッドフォン、TWS、ホームエンターテイメント、コマーシャル、オートモーティブ、ポータブル、スマートホーム、IoT、ウェアラブル、AR/VRに分類されます。2019年にはスマホセグメントが最も高い市場シェアを占め、2019年から2027年にかけてはIoTセグメントが高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]