境界セキュリティの市場規模、2026年に965億円到達予測

境界セキュリティの市場規模は、2020年の613億円からCAGR7.9%で成長し、2026年には965億円に達すると予測されています。境界線内への侵入、盗難の発生、空き巣、国境を越えたテロ、不法移民の増加などが、市場の成長を促進しています。

COVID-19パンデミックの境界セキュリティ市場への影響

インターネットのエコシステムは、世界中で重要な役割を果たしています。さらに、COVID-19パンデミックにより、国土安全保障や法執行機関への依存度が大幅に高まっています。重要インフラのセキュリティ、緊急サービスなどは、消費者に必要なサービスを提供するために境界線セキュリティソリューションを活用しています。境界セキュリティシステムは、重要インフラや軍事施設などリスクの高い場所への侵入を防止・検知するためだけでなく、商業施設や住宅地、都市部や遠隔地、店舗や交通機関などでも利用されるようになっています。不法移民問題やテロリストの脅威を受けて、各国政府は境界セキュリティに関する規制や業界標準を策定しています。各国政府は規制を実施し、油田やガス田、原子力、防衛拠点などの重要なインフラ拠点のセキュリティ確保の必要性を強く訴えています。世界の境界セキュリティシステム市場は、今後数年間で拡大することが予想されます。

アジア太平洋地域が最高のCAGRで成長

アジア太平洋地域(APAC)では、新技術の導入が進んでおり、予測期間中の境界セキュリティ市場で最も高いCAGRを記録すると予想されています。APACは、中国、日本、シンガポール、オーストラリア・ニュージーランドなどの主要な経済圏を構成しており、境界線セキュリティ市場で高い成長率を記録することが期待されています。近年、APAC地域では、著しい経済成長、政治的変革、社会的変化が起こっています。インド、日本、シンガポールでは、高度化する脅威に対処するため、国家安全保障政策を更新したり、新たに立ち上げたりしています。APACに進出している企業は、柔軟な経済状況や各国政府の産業化推進政策の恩恵を受けられるだけでなく、デジタル化の進展により、ビジネス界に大きな影響を与えることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]