データストレージ及びマネージドホスティングサービス需要、ASEAN地域全体で急激に拡大見込み

ハイパースケールクラウドサービスプロバイダーの存在感が増し、インターネット接続の普及率が高く、サイバーセキュリティやデータプライバシーへの関心が高いことから、データストレージやマネージドホスティングサービスの需要は、ASEAN地域全体で急激に拡大すると予想されます。シンガポールなどの成熟したデータセンター市場では、グローバルなクラウドサービスプロバイダーからのホールセールコロケーションの需要がデータセンターサービスの収益成長を牽引します。マレーシア、インドネシア、タイなどの新興データセンター市場は、豊富な資源に加えて、データセンターインフラの整備に関する政府の好意的な政策により、急激な成長が見込まれています。政府は、グローバルおよびローカルのデータセンターベンダーとの効果的な戦略的パートナーシップや、税制優遇措置を提供することで、産業分野におけるデジタルトランスフォーメーションを促進するために、データセンターの導入を促進しようとしています。ベトナムなどの市場では、現地のサービスプロバイダーのおかげでデータセンターの普及が進んでいますが、グローバルなデータセンターベンダーを誘致するのに必要な接続性やインフラの機能が不足しています。そのため、これらの新興国の政府は、通信やネットワークのインフラを強化することで、大規模データセンターをサポートする態勢を整えることに注力しています。

シンガポールなどの既存のデータセンター市場や、マレーシア、インドネシア、タイなどのデータセンターの成長率が高い国では、政府がデジタルトランスフォーメーションの一環として、いくつかのスマートシティプロジェクトを実施しています。そのため、データセンターサービスプロバイダーは、データセンターのインフラ管理、データセンターの近代化、エッジデータセンターやモジュラーデータセンターなどの革新的なソリューションを採用して、業務負荷を最適化し、遅延関連の問題を抑制してサービス提供を強化しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]